日本・中国・東南アジアのネットワークプランナー CNLink Networks Japan 香港 北京 上海 広州 深圳 東莞 蘇州 杭州 無錫 台湾 東南アジア

中国・東南アジア VPNサービス

VPNサービス

CNLink Networks Japanは、日本と中国間 および 日本と東南アジア間(タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア)で企業様向けにIP-VPNを利用した通信ネットワークサービスを提供しております。

グループ本社であるCNLink Networks Limitedが運営・管理するVPN(仮想専用線)網をバックボーンとした安定した通信環境で、他キャリアには劣らないサービス・品質・価格をご提供いたします。

AWSやG Suiteの利用が中国政府のネット規制により不安定な通信状況でお困りの企業様には、現在ご利用のサービスから弊社サービスへ切替えていただき、改善効果が得られたと大変喜ばれております。導入事例はこちら

現在、様々な業種の企業様に弊社のVPNサービスをご利用頂いております。
拠点間VPN、TV会議、Web会議、ファイルサーバ、Webサイト閲覧、バックアップ回線、BPO、各種クラウドサービス等、大切なビジネスシーンを安定した通信でサポートしております。

  ■日本と中国間のVPNサービスは3タイプ
    ①MPLS VPN
      高品質・安全性・監視を重視した専用線通信
    ②CHINALINK VPN
      コスト・納期を重視したハイブリッド型 専用線+暗号化通信
    ③CHINALINK ウェブアクセス
      中国から日本のWeb会議・グループウェアなどへのアクセス安定化
 
  ■日本と東南アジア間のVPNサービス
    ・
ASEANLINK VPN
      安全性・コスト・監視を重視したハイブリッド型 専用線+暗号化通信

お客様のご希望・ご予算に合わせてお選びください。
CHINALINK VPNCHINALINK ウェブアクセス のサービスは、5日間の無料トライアルを推奨いたします。

MPLS VPN(日本-中国 専用線通信)

日本側拠点⇔中国側拠点を弊社専用線で繋ぐ、高速・高品質なEnd To Endのネットワークです。 日本側・中国側拠点のネットワーク死活監視を致します。 新しい拠点を増やす事に柔軟に対応が出来ます。

専用線で接続する事で、帯域を確保し安定した通信環境をご提供致します。また、インターネットに接続しないことにより、高度なセキュリティを担保することが可能です。

MPLS VPNイメージ図

また、東南アジア地域(タイ・ベトナム・シンガポール・インドネシアなど)の拠点を追加することも可能です。

MPLS VPN導入事例はこちらです。

国際専用線とお客様がご利用中のブロードバンド回線を組み合わせる高品質で安価なサービスです。アクセスポイントとの通信はIPsecを利用することでセキュリティを確保致します。

  • AWSやニフティクラウド等の各種クラウドサービスへの相互接続も可能です
  • 5日間無料でトライアルをお試しいただけます
  • 最短2週間で開通が可能です
  • 3ヶ月からの短期ご利用プランもご用意しています
  • VPNルータはCisco社製ルータを設置し、レンタル提供致します
  • 日本-中国間は専用線で帯域確保致します(64kbps~数Mbps単位で指定可能)

CHINALINK VPNイメージ図

また、東南アジア地域(タイ・ベトナム・シンガポール・インドネシアなど)の拠点を追加することも可能です。

<各種オプション>


CHINALINK VPNの導入事例はこちらです。

中国本土にいながら、日本でお客様がご契約中のクラウドサービスなどへダイレクトにアクセスし、日本国内と同様の快適な通信をご提供致します。

【利用実績のあるWeb会議・グループウェア・クラウドサービス】
 LiveOn・G Suite・ガルーン・kintone・AWS など

  • 5日間無料でトライアルをお試しいただけます
  • 3ヶ月からの短期ご利用プランもご用意しています
  • 中国側にCisco社製ルータを設置し、レンタル提供致します


CHINALINK ウェブアクセス

サービス仕様比較表

MPLS VPN CHINALINK VPN CHINALINK ウェブアクセス
ルータ設置 CNLink
Ping死活監視 オプション ×
MRTG閲覧 オプション ×
サポート体制 End to End 基幹回線 及び ルータ保守(オプション)
帯域確保 End to End 基幹回線のみ ×
SLA 基幹回線のみ ×
QoS設定 設定可能 ×

また、東南アジア地域(タイ・ベトナム・シンガポール・インドネシアなど)の拠点を追加することも可能です。

日本、香港、ベトナムPOP間は弊社専用線を利用し、東南アジア各国(タイ、ベトナム、フィリピン、マレーシア、シンガポール、インドネシア)・日本それぞれの拠点~POP間は暗号化通信を利用する低価格、且つ高品質な通信サービスです。
ベトナムPOP⇔香港POP間は陸路で通信経路を確保していますので、ベトナム 近海で多発する海底ケーブル障害の影響を受けにくく、安定した通信環境をご提供致します。

Cisco社製ルータを設置し、コールドスタンバイ機をご用意しますので停電や落雷などによるルータ故障時も早急な復旧が可能です。

ASEANLINK VPN サービスイメージ図

弊社パートナー : NETMARKS

ネットマークス様ロゴ

東南アジア地域のネットワーク構築および機器の保守を行っています。日本と同じサービス品質で、現地の事情に精通したスタッフが、柔軟にお客様のネットワーク環境をサポートします。

NETMARKS VIETNAM
NETMARKS THAILAND
NETMARKS INDONESIA

サービス仕様

ルータ設置 CNLink
Ping死活監視
オプション
MRTG閲覧
サポート体制
基幹回線のみ
帯域確保
SLA
QoS設定 応相談

*基幹回線とは日本側POP ⇔ 香港側POP のことです。

東南アジア地域への導入事例はこちらです。

●香港POPのデータセンター(IDC) ピアリング可能な主要通信事業者

ピアリング可能な主要通信事業者

「中国に支社・支店がない」、「中国はパートナー会社やオフショア先」という理由で、ルータの設置ができないお客様でも、日本側の社内サイトにアクセスできるサービスです。中国側はインターネット環境があれば、不特定多数の場所(拠点・外出先・出張先ホテル・オフショア先のデスク・パートナー会社など)からストレスなく日本のイントラサイトへのアクセスが可能です。


  • 日本側にCisco社製ルータを設置し、レンタル提供致します

IPマッピングイメージ図

サービス仕様

条件 お客様DNSサーバへのドメイン設定
もしくは、IPアドレスでのアクセス
URL変更
PAGETOP
Copyright © CNLink Networks Japan Co., Ltd. All rights reserved.