世界各国の約1万都市の大気汚染濃度に関するデータを提供する「エアビジュアル(Air Visual)」によりますと、 9月26日現在の大気汚染の程度を示す空気質指数(AQI)はハノイ市が平均204で、ホーチミン市が平均173とのことでした。
ハノイ市はインドネシア・ジャカルタを抜いて世界1位に、ホーチミン市も3位になったということです。

AQIは【6段階】の評価で100が健康影響の重要な判断基準とされており、
ハノイ市の「204」は
・【5段階目】:201~300で極めて健康に良くないレベル
ホーチミン市の「173」は
・【4段階目】:151~200で健康に良くないレベル
  とされています。

記事掲載 https://www.viet-jo.com/
【出所:ベトナム総合情報サイトVIETJO[ベトジョー]】 


ベトナムへの出張時はマスクなどご用意し、お気を付け下さい。

CNLinkのVPN回線をご利用いただきますと、遅延によるストレスのない通信でベトナムの現地担当者とコミュニケーションが取れ、出張の回数を減らすことも可能です。
日本-東南アジアVPNサービス ASEANLINK VPN

日中間のネットワークプランナーとして実績を積んできたCNLinkに、日越間の通信インフラの構築も是非ご相談ください。