米中貿易摩擦の激化を受け、生産拠点を中国の代替とする「チャイナプラスワン」の動きが最近加速しています。
その筆頭候補のベトナムでは、かねてより外資系企業の誘致を念頭に置いたインフラ整備に重点を置き、海外からの援助や投資を積極的に受け入れてきました。
その結果、多方面にわたる奨励業種について各種の優遇措置が整備されております。


記事掲載 https://www.jetro.go.jp/ 【出所:日本貿易振興機構ウェブサイト】 


「チャイナプラスワン」として、また中国拠点の「リスクヘッジ」としての企業様のベトナム進出をCNLinkでは通信分野でお手伝いさせていただきます。
ベトナムの海外向け通信は海底ケーブルを通して接続されますが、事故や障害も多発しております。それに伴い遅延や通信の不安定が発生しております。

CNLinkではこれを回避するため、海路ではなく陸路でのVPN網をご提供しております。
日本-東南アジアVPNサービス ASEANLINK VPN

日中間のネットワークプランナーとして実績を積んできたCNLinkにベトナムでの通信インフラのお困りも是非ご相談ください。