日中間のネットワークプランナー CNLink Networks Japan   香港 北京 上海 広州 深圳 東莞 蘇州 長沙 台湾

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

サービスについて

MPLS VPNとは、何ですか?

インターネットを介さない仮想的なクローズドネットワーク網を提供する通信サービスです。外部には公開されていない通信網を特定のユーザー間で利用するため、通信の安全性が確保されます。通常のIP-VPNとは違い、転送技術にMPLS(Multi-Protocol Label Switching)を導入しているので、より高速な通信が可能になりました。

CHINALINK VPNとは、何ですか?

基幹部分にはCNLink のIP-VPN網を、お客様拠点から基幹部分へのアクセスには公衆網をお使いいただく通信サービスです。一部に公衆網をお使いいただくことで、MPLS VPNより安価な価格設定をすることが可能になりました。

CNLinkのネットワーク網はインターネットVPNとどこが違うのですか?

インターネットVPNはインターネット回線なのでアクセスが集中する時間帯では通信速度の低下がみられ、企業間の通信に重要な安定性を確保することが困難です。不特定多数の人がアクセスするため安全性を完全に保証することが難しく、機密性を保持する為の専用のネットワーク機器と暗号化のためのソフトや機器が必要になります。

CNLinkのネットワーク網は仮想的に構成されたお客様専用のネットワーク網を提供し、その網内で通信しますので、安全性・安定性は常に保証されています。

CNLink のサービスの優位点を教えてください。

CNLinkグループは、香港・台湾を含めた中国全土に拠点を持ち、日中間のネットワークに関する様々なサービスをトータルで提供できる“ワンストップソリューション”を特徴としています。

ネットワーク監視・障害対応サービスは24時間/365日体制で5ヶ国語(北京語、広東語、日本語、英語、台湾語)で対応できるコールセンターを設置して います。 また、中国側のサポートを日本側で受け付ける事も可能です。中国語が話せない日本側のご担当者様も安心してご利用いただけます。

日本の他のキャリアは、中国で同様のサービスを提供していないのでしょうか?

中国では通信法規制により、中国政府発行の事業ライセンスがない限り、他国のキャリアが中国内で独自にネットワークサービスを提供することは禁じられています。したがって、現地の会社とも契約することになり、コストダウンが難しい要因となっています。CNLinkはこの事業ライセンスを保有する数少ないキャリアの一つです。

事業ライセンス一覧表

トラフィックの状態は確認出来ますか?

オプションでご契約時にお渡しいたします仕様書記載の 【ユーザー名】・【パスワード】 を入力することにより、トラフィックをご確認いただけます。詳しくはこちらをご参照ください。

技術について

CNLinkのネットワーク網を利用するにはどのような機器が必要ですか?

GREとIPSECに対応したCisco社製のルータが必要となります。
弊社では、Cisco1800シリーズ、Cisco1900シリーズをご用意しておりレンタルも可能です。お客様のネットワークに応じて上位機種での対応も可能ですので、詳しくはご相談ください。

お客様でご用意される場合も同じくGREとIPSECに対応したCisco社製のルータをご用意ください。(Cisco800シリーズ/Cisco1900シリーズ等)
なお、CiscoASA5505等のファイアウォール機器はGREトンネルが構築できない為、ご利用になれませんのでご注意ください。

今のネットワークで使っているIPアドレス体系のままでCNLinkのネットワーク網に切り替えることは可能ですか?

お客様の拠点のIPアドレスが重複していなければ、そのままご利用いただけます。ただし、不可の場合もございますので、ご相談下さい。

IP以外のプロトコル通信は可能ですか?

IPより上位のプロトコルならお使いいただけますが、お客様のネットワーク環境にもよりますのでご相談ください。

1つのVPN(同一グループ)に接続可能な拠点数に制限はありますか?

同じネットワークのグループ内であれば拠点数に制限はありません。

対応しているルーティングプロトコルは何ですか?

スタティックルーティングのみです。
ダイナミックルーティングには対応しておりません。

QoSは可能ですか?

お客様のご希望により、ルータにQoSを設定することが可能です。

データ系と音声系を1つのネットワークに混在させると音声品質が不安ですが・・・

MPLS VPN網の充分なネットワーク回線容量と安定した End-to-Endのネットワーク品質により、音声もデータも問題なく送受信することが出来ます。
ただし、音声は遅延やゆらぎを起こすことがありますので、QoS対応の機器(CiscoのルータはQoS対応です)を推奨します。

一度に現在のネットワークからCNLinkのネットワーク網へ移行することには不安があります。
既存のネットワークと併用することはできますか?

はい。現行のネットワークと併用してお使いいただけます。ただし、お客様側でIPアドレスの重複を避け、適切なルーティング・ポリシーを確保していただく必要があります。

契約について

最低契約期間はありますか?

最低利用期間は回線の開通日から1年と定めております。 最低利用期間中に、ご解約又は月額利用料金が減額となった場合にはペナルティが発生することがありますので、ご契約前に十分ご検討下さい。

また、CHINALINK VPNおよびCHINALINK Eco-Lite、CHINALINK ダイレクトは 「3ヶ月短期ご利用プラン」 をご用意しております。ご相談ください。

費用について知りたいのですが・・・

回線の帯域や地域によって金額が変わりますので、詳しい金額に関してはお問合せください。

申込から回線開通までどのくらい日数が掛かりますか?

標準でMPLS VPNは約2ヶ月、CHINALINK VPNは約2週間ですが、提供地域やご希望のサービス内容によって異なります。
一般的な処理の流れは以下の通りです。

  1. お申込書、および、ヒアリングシートの受理
  2. VPN構成の確定
  3. 日中間の国際回線手配
  4. 各拠点の設置作業
  5. 回線開通 →サービス・回線監視開始、課金スタート
NDA(機密保持契約)は、締結できますか?

締結いただけます。締結後に情報をご提示いただくことをお薦めいたします。

運用・保守について

中国で最も懸念されている停電による断線対策はどうなっていますか?

日中間の海底ケーブルは二重化体制を整え、中国側のPOP(接続拠点)では国家通信局管理のもと、99.9%の電力供給率を維持しています。

ネットワーク障害発生時の体制はどうなっていますか?

24時間/365日体制で通信状態を監視しています。
ご要望により、障害発生から原因調査結果のご報告まで、ご希望の電話番号またはメールアドレスへご連絡いたします。

コールセンターはどこにありますか? 言語は何ですか?

中国では北京・広州・上海(北京語)と香港(英語、広東語)、台湾(台湾語、英語、北京語)、日本は東京(日本語)にコールセンターがあり、障害や故障の受付をしております。

PAGETOP
Copyright © CNLink Networks Japan Co., Ltd. All rights reserved.